ショートカットキーの一覧

Pocket
LINEで送る


ショートカットキーをリストアップし、改めて調べたりする中で、こんな便利なショートカットキーがあったんだ!と驚いたものもありました。

●Ctrl+C ⇒ コピー
●Ctrl+V ⇒ ペースト
●Ctrl+A ⇒ 全ての内容を選択する。エクセルでは周囲の入力されたデータを全て選択する。 再度実行で、全ての内容を選択する ワードの文書、WEBサイトの1ページ全て、ファイル全てなど
●Ctrl+Z ⇒ 直前の動作取り消し
●Ctrl+Y ⇒ 取り消した動作を取り消す
●Ctrl+B ⇒ 太文字にする、太文字から通常文字に戻す
●Ctrl+U ⇒ アンダーバーを引く、アンダーバーを消す
●Windows+D ⇒ デスクトップを表示する。再度実行すると元に戻す。(デスクトップのD)
●Ctrl+P ⇒ パッと印刷
●Ctrl+S ⇒ 「名前を付けて保存」の画面があらわれます。一度保存されているデータであれば上書き保存されます。Saveの「S」と覚えましょう。
●F2 ⇒ ファイル名を変更する。ファイルに合わせてF2を押せば名前を変更できる状態になります。

ウィンドウズ
●Ctrl+N ⇒ 開いているソフトの新しいファイルを作成する。エクセルで作業しているとき、「Ctrl+N」で新しいファイルが開きます。「N」はNewの頭文字と思われます。
●F1 ⇒ ヘルプが表示されます。
●F12 ⇒ 「名前を付けて保存」の画面があらわれます。
●ESC ⇒ キャンセルになります。(エスケープ=逃げる)。F12押すと「名前を付けて保存」の画面があらわれます。「ESC」を押すとキャンセルになります。
●F11 ⇒ ウィンドウを前面表示します。ただし、ワード、エクセル、パワーポイントでは使用できません。
●Ctrl+O ⇒ 「ファイルを開く」画面が表示されます。
●Ctrl+W ⇒ 開いているファイルが閉じます。変更があった場合は、保存しますか?と表示されます。右上の「×」と同じ
●Page up ⇒ 画面が1画面分、上にスクロールされます。
●Page down ⇒ 画面が1画面分、下にスクロールされます。
●Alt+ドラッグ ⇒ ショートカットアイコンの作成 ファイルやフォルダを選択し、Altを押しながらショートカットを作成したい箇所までドラッグする。
●Ctrl+ドラッグ ⇒ コピー作成 ファイルやフォルダを選択し、Ctrlを押しながらコピーしたい箇所までドラッグする。
●Alt+Tab ⇒ 一番手前の画面を切り替える、あるいは選択できます。Alt押しながらTabで選択。
●Windows+Tab ⇒ 画面が切り替えられます。
●Alt+F4 ⇒ アプリケーションやウィンドウズを終了する。最後にどんどん消すとによい。間違えて必要なデータを消さないように。アプリケーションがなにも開いていないときは、ウィンドウズの終了画面があらわれます。
●Back Space ⇒ フォルダー内で上の階層に戻る
●Ctrl+ダブルクリック ⇒ フォルダーを別ウィンドウで開く
●ウィンドウズ+E ⇒ コンピューターが開きます。

エクセルで
●Ctrl+; ⇒ 現在の時刻を入力
●Ctrl+; ⇒ 本日の日付を入力
●F4 ⇒ 直前の同じ作業を繰り返す。あるセルに色を付けた。他のセルを選択してF4を押すとそのセルも色が付く
●Ctrl+Shift+「*け」 ⇒ 表などでデータ全体を選択する
●Ctrl+複数セル選択 ⇒ 複数のセルを選択
●Ctrl+入力+Enter ⇒ 複数のセルに同時に入力
●F2 ⇒ セルに入力できる状態にする
●F4 ⇒ 選択したセルの番号を、相対参照~絶対参照~複合参照と切り替えることができます。$の付き方を変えられます
●Ctr+D ⇒ 上のセルと同じ内容を入力する
●Ctr+R ⇒ 左のセルと同じ内容を入力する
●Ctr+「+」 ⇒ セルを追加できます。行や列を選択すればその行や列が1つ追加される
●Ctr+「-」 ⇒ セルを削除できます。行や列を選択すればその行や列全体が削除される
●Ctrl+「9よ」 ⇒ 行を非表示にできます。
●Ctrl+「0を」 ⇒ 列を非表示にできます。
●Page up ⇒ 画面が1画面分、上にスクロールされます。
●Page down ⇒ 画面が1画面分、下にスクロールされます。
●Alt+Page up ⇒ 画面が1画面分、左にスクロールされます。
●Alt+Page down ⇒ 画面が1画面分、右にスクロールされます。
●Shift+Alt+「=ほ」⇒ SUM(合計)関数を入力します。表の一番下か一番右で行うと自動で合計範囲が設定されます。
●Enter ⇒ 下のセルへ移動
●Shift+Enter ⇒ 上のセルへ移動
●Tab ⇒ 右のセルへ移動
●Shift+Tab ⇒ 左のセルへ移動
●Ctrl+Shift+カーソル(↑↓←→) ⇒ 現在のセルから表の端まで全てのセルを選択します。
●セルを選択+Shift+他のセル選択 ⇒ 間のセル全てが選択されます。
●複数のセル選択した状態で、入力し、Ctrl+Enter ⇒ 選択したセル全てに同じ入力がされる。
●複数のセル選択した状態で、コピーしたものをペーストする ⇒ 選択したセル全てに同じ入力がされる。
●Ctrl+「F」 ⇒ 検索と置き換えの画面が開きます。
●Ctrl+Shift+「6お」 ⇒ 外罫線を引きます。
●Ctrl+Shift+「ろ」 ⇒ 罫線が全て消えます。
●Ctrl+Shift+「3あ」 ⇒ 日付の表示を「2014/11/23」の表示形式に変更
●Ctrl+Shift+「4う」 ⇒ ¥表示に変更します。
●Ctrl+Shift+「5え」 ⇒ %表示に変更します。
●Ctrl+Shift+「1ぬ」 ⇒ 数字表示に変更します。
●Ctrl+「5え」 ⇒ 取り消し線を引きます。
●Ctrl+「1ぬ」 ⇒ セルの書式設定を表示されます。
●Ctrl+Alt+「P」 ⇒ セルの書式設定のタブの欄が開きます。
●Ctrl+「む」 ⇒ どのセルを参照しているか表示できます。
●Ctrl+「ろ」 ⇒ どのセルに参照されているかを確認できます。
●表のデータを選択して「F11」 ⇒ グラフを作成します。自分の求めるものにするには整える必要はありますが、簡易的なものでもいいのでグラフで確認したいときに便利です。
●Ctrl+「F9」 ⇒ ブックウィンドウを最小化します。
●Ctrl+「F5」 ⇒ ブックウィンドウを元のサイズに戻します。
●Ctrl+画面下のワークシート名の覧をドラッグ ⇒ ワークシートがコピーされます。
●Ctrl+「F11」 ⇒ 新しいワークシートが追加されます。

どうでしょう?いつもマウス+クリックで2~3操作かけて行っていたけど、1発で操作できるショートカットキーがありませんでしたか?

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。