思い付きの小仕事の指示はやらなくていいかも

Pocket
LINEで送る


「あっ、これやっといたほうがいいな」

と、上司から思いつきで指示が飛んできた。ただでさえ忙しいのに、この必要かどうかわからない仕事をするのはなんだかなぁと思ったことはないですか?その仕事もちょっとめんどうなことで時間かかるものであったりして。

そういった指示は大体よく考えてしたものではなく、パッと思いつきでしたものですから、指示をした本人も大事に思っていません。時間がたてばどうでもよくなったり、忘れてしまったりすることが少なくないです。

ですから、いったん何も手を付けないでいてみてください。その後何も音沙汰がなければ、その仕事は必要なかったと考えられます。重要な仕事であれば確認を入れてくるはずです。ただし見るからに必要な仕事は進んで行うべきです。ここで言っているのは、思いつきで軽くパッと言っているような指示のことです。

仕事を引き受けた自分にとっては重要でなさそうなことも、実は重要なことだったというのもありえます。「この間指示した件はどうなってる?」と確認してくるのであれば、早く仕事に着手します。上司から指示があって放っておいたら確認をされて、まだ何も進めていない・・・ということを何度もやっているとよくないですから、思いつきか本気なのかを見極めるようにします。思いつきで上司にとっても軽い指示だなと思ったら、一度放っておいてみて突っ込まれるかどうか試してみるのです。突っ込みが無いのであれば、次からも同じレベルのことは、放っておいて大丈夫かもしれません。

ただし、どんな小さいことでも、

「あれ、どうなった?」

と確認してくる上司の下にいる方はこの方法は使えませんし、また、真面目な方も使えない方法でしょうか。

Pocket
LINEで送る