定時に早く帰れると調子が良いです。

Pocket
LINEで送る


普段生活する中、仕事をする中で、どういうふうに過ごしたら、調子が良く過ごせるか。どういうふうに過ごしたら、調子が悪くなってしまうか。

当然、人それぞれです。

自分で自分の行動や感情を分析して、見つけることが大事です。調子が良くなることを実践し、調子が悪くなってしまうことは避けていくべきです。

私の場合、

早く退社できるかどうか

が大きな点です。

定時で退社することができると、すこぶる気分がいいです。逆に、残業時間が増えれば増えるほど、気分が悪くなってしまいます。残業1時間で元気がなくなってきて、2時間、3時間も行うとだいぶ気分が悪くなってきます。これはほんとに顕著に表れてきます。

残業すると帰りが遅くなりますから、自宅でゆっくりする時間、自分のやりたいことをやる時間も減ってしまいますし、寝る時間も遅くなる。そして、次の日の調子も悪くなってきて、仕事の能率が落ちて、また残業して、という負のスパイラルにはまってしまうのです。残業していても、生産性が悪くなっているので、成果は上がりにくいのです。

残業する

気分が悪くなる

帰りが遅くなる

気分が悪くなる

プライベート時間が減る

寝るのが遅くなる

睡眠時間が減る

朝余裕ない

調子悪い

仕事の能率が落ちる

仕事をするのに時間がかかる

残業になる

繰り返し…

負のスパイラルです。

しかし、早く退社して、自分の時間を楽しんで、早く寝ることで、正のスパイラルが始まります。

残業なしで早く退社

気分が良い

プライベート時間を楽しめる

ゆっくりもできる

早く寝る

早く起きる

朝余裕ある

調子良い

仕事の能率も良い

仕事が速い

残業なしで早く退社

気分が良い

繰り返し…

早く退社することから始まります。これが続くことを目指してやっています。

Pocket
LINEで送る