なかなか本が捨てられない人はルールをつくるべし

Pocket
LINEで送る


日常的に本を読む方にとっては、家の中のスペースがどんどん本で占領されていってしまう悩みがあるかと思います。

その対策として、ルールを決めて少しずつ捨てていく作戦をとりましょう。そして、家に置いてある本の総量を減らしていきます。

175

本を購入したら、家にある本を必ず捨てる

1冊本を購入したら、家にある本を1冊捨てるというルールです。2冊本を購入したら家にある本を2冊捨て、3冊購入したならば3冊捨てます。たくさんの本の中から1~2冊選んで捨てるだけであれば、そんなに難しい話ではないでしょう。

逆に本を捨てないと購入できないルールにしてしまってもいいでしょう。

こうすれば、家の中にある本がこれ以上積上がることはなくなります。ルールを守ってさえいれば本が増えないわけです。私が現在所有している本数は、そこそこ多いです。はっきりはわからないですがざっと数えたら400冊程度の本を所有していました。もうこれ以上増やしたくないです。

1冊本を購入したら、家にある本を1冊捨てる。このルールを守っている限りは、本が増えることはないです。

できれば、

購入した本の数+1冊の本を捨てる
購入した本の数×2の本を捨てる

など購入した本の数よりも多く捨てることができればよいですよね。家に置いてある本の数が少しずつ減っていくようになります。

週に1冊捨てる

週に1冊捨てるルールをつくって実行しましょう。べつに週に2冊でもいいですし、1日に1冊でもいいので、ここでも、ルールを作って少しずつ捨てることがポイントかと思います。

以前、いっきに大量の本を捨てようと思い、捨てる本、残す本を仕分けして実施したことがありました。

一度目は大量の本を捨てることができたのですが、2度目、3度目になると上手くいかなかったり、時間がかかってしまうなどしました。これはいらない、とすぐに判断できる本が無くなってしまったからです。この本は捨てようかな、残しとこうかなと迷ってしまい、結局残してしまい、時間もかかってしまってました。

しかし、これはもう読まないだろうという本を1冊選んで捨てるだけであれば、すぐにできるでしょう。週に1冊は必ず捨てる、といったルールを作るのもいいかと思います。私は、ゴミ捨てをする日に必ず本を捨てるようにしています。

捨てることをためらわない

これ捨ててもいいかな?また読みたくなるんじゃないかな?と思う本であっても、あとで読み返すことは少ないと思います。私は、実際にずっと持っているけれども読み返したことの無い本は多いです。これらの本はもう捨ててしまっていいのかもしれませんね。

機会があると何度か読み返して、学びなおす本はありますが少数ですね。捨てた後にやっぱ読みたいと思ったときには、再度手に入れればいいのです。本にもよりますが、アマゾンなどで古本で購入すれば、安く手に入れられます。図書館で借りてきてもいいのです。

電子書籍で購入できる本は電子書籍で

そもそも本を購入するときは、キンドルなどの電子書籍で手に入るものは、電子書籍で購入しましょう。私は、ここ最近では、紙の本よりもキンドル本を購入するほうが多いです。

ほんとうに良本だけが残る

自分にとって本当に役立つ本、何度も読みたくなる本は捨てたくないですよね。このルールを適用して残っていく本は、ほんとうにあなたにとって必要な本になるのではないかと思います。

捨てるのはもったいないと思う方は

捨てるのはもったいない、売りたいと思う方は、処分したい本を溜めて、メディア買取ネットなどの買取サービスを利用できます。調べてみるとブックオフに売るよりかは若干高めに売れるようですね。

専門書であれば、古本市場であっても安くなりにくいので、大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」で、悪くない価格で買い取ってもらえます。

Pocket
LINEで送る