お盆や年末年始に青春18切符で電車に乗るときに、混雑を避ける方法

Pocket
LINEで送る


首都圏から地方へつながる路線は、田舎へ帰省する人々や旅行をする人々でいっぱいになります。東海道本線、中央本線、東北本線などです。青春18切符をつかって、鈍行電車に乗るひともたくさんいるようで、田舎のほうでもまるで都会の電車の中のように混んでしまいます。

お盆や年末年始に青春18切符で電車に乗るときに、乗客が多くて座れない状態での長距離移動は、きつい電車旅になってしまいますよね。その混雑を避ける方法について書いていきます。

ひとが多いと競争になる

電車に乗るひとが多いと、座席取りの競争になります。

たとえば、東海道線で東京から名古屋方面に向かう際には熱海駅で乗り換えることが多いです。この時、熱海に到着したらに降りたら、ホームから階段を下りて、隣のホームへ階段を登り、静岡方面行きの電車に乗り込みます。

放牧の羊の移動を見たことがありますか?そんな状態です。ひとびとでごったがえす中、みんなが我先にと次に乗る電車へと向かいます。正確には、次に乗る電車内で座るために、我先にと座席に直行です。

席に座るためには、まず、ホームの階段の近くに止まるであろう車両に乗り込んでおく。下車駅である熱海駅へと近づいたら、ドアの前に立っておき、開くと同時にダッシュする・・・。こうすれば、次に乗る電車で座れるかもしれませんが、席に座れたとしても、疲弊してしまいますよね。

それから逃れるためには、ほかの多数のひとと競争をしなくてはいけません。

競争を避ける方法

席に座りたい場合は、始発駅から乗れば座れます。大都市圏で、ふだん都会の中心部に向かって電車通勤している方は、始発が出る駅で降りて、ホームに並び、席に座るようにする、という行為をやっているひともいるかと思います。

しかし、夏休みの帰省や旅行で、鈍行で長距離をいくときには、意外と実行していない人が多いのではないかと思います。ひとびとの乗り換え駅での行動を見ていると、そう思えてきます。

この方法をとりましょう。

  • 時間の余裕をもって次の便にのる
  • まだ先へ進めるけど途中で降りて、次の電車に乗り換える

時間の余裕をもって次の便にのる

ひとは、そのときに一番最初に発車する電車に乗ります。

上記した熱海駅の例でいうと、

熱海駅で終点なので降りた。

まだその先へと進む電車に乗らなくてはいけない。

隣のホームに先に進む電車がドアを開けて待っている。

この場合、皆その電車に乗り込みます。流れにつられて、とにかく乗り込んでしまいますよね。

みんながいっせいに次の乗り換え電車に駆け込むときには、それに参加しないようにするのです。

その便は見送って、熱海駅から出る次の始発電車を待ち、それに一番に乗るのです。ただし、時間の余裕がないとできないことではあります。

まだ先へ進めるけど途中で降りて、次の電車に乗り換える

お盆に名古屋から東京方面に向かっていたときのことです。豊橋から熱海まで一気に走る電車がありました。

191-1

豊橋で乗り込んで席に座ることができましたが、次第に乗客が増えていって、立ち乗りのひともどんどん増えて、都会の通勤時間の電車のようになってしまいました。

そのまま座っていることはできたのですが、暑いくなってきたし、狭苦しくなってきた。耐え切れず「暑いし、もう無理だ。休憩しよう。」と、静岡で降りてしまったのでした。

ご飯を食べて駅へ戻ると、そこにはたまたま静岡発の電車がとまっていて、これから出発しようとするタイミングでした。

車内は空いていて、ちらほらとひとが座っている程度。静岡を出発した後も、熱海まで立ち乗りするひとは出てきませんでした。

最初に乗っていた、豊橋から熱海までの長距離を一気に進める電車は、なぜ混んでしまったのか?

豊橋駅から先の駅で東京方面に行きたい乗客が乗り込んできて、そのひとたちが乗ったまま、ずっと各駅で乗客が乗り込んできて膨れ上がっていった、ということでしょう。熱海より先に行きたいひとも多くいたはずで、そのひとたちは、熱海駅までずっと乗り続けているわけです。

こういった電車がないかどうか探して、利用するようにしましょう。

静岡発の電車では、その時点で電車内はガラガラであり、さらに、その後も乗客が少ないままでした。その前に走っていた豊橋から熱海の長距離電車が各駅で乗客を拾っていったのでしょう。

これは路線バスの話ですが、2台連続でバスが並んで走っていると、1台目は混んでいて、2台目は空いている、といった光景を見ませんか?あれは、1台目がバス停で待ってたひとを乗せて、2台目が来たときはバス停にひとがいなくなってるのですね。それと同じだと思います。

競争を避けるという思考

競争を避けて、他の人がやらないことをやるためには、ほかの人々がどう動くのか、どう流れるのかを読む必要があります。

これには、紙の時刻表の本が役に立ちます。

WEBで路線案内サービスでも、目的地までの最短の乗り換えを見ることができますし、1本前後の案内も見ることができます。しかし、その電車はどこから始発なのか、このあと何分後に次の電車があるのか、路線の全体像を把握することができません。WEBサービスで案内された最短の乗り換え案内に従って、電車に乗り込んでいくことになります。

紙の時刻表の本があると、何本も先の電車までを広い視野でみることができます。

ここで乗り換えれば、人が少ないかも?この電車を見送っても、次の電車に乗ってもいけるなと、どうやって競争を避けるのかを考える格好の材料になるのです。

なにも情報収集せず、行き当たりばったり、ひとと同じ動きをしていると、競争に巻き込まれることになります。そうではなく、競争を避けて他のひとがやらない動きをして、ひとが少ないところを狙うのです。

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。