逃げなければだいたいのことはなんとかなる

Pocket
LINEで送る


198

仕事をする中で、大きな問題が発生してしまい、対応をすることがあるかと思います。どうしよう、どうしようと不安になってきてしまうときには、昔に大きな問題にぶち当たって壁を越えてきた経験がないか思い返してみるのはどうでしょう。

これまでにあった問題でも結局なんとなってきたのではないでしょうか。

私も仕事をしていて大きな問題は何度か体験したことがあります。

あるときは、自分が原因で大きな失敗をしてしまって、自分だけではどうしようもできないとなったときに、他の方に頭を下げてお願いし、助けてもらってなんとか解決することができたのでした。

あるときは、一緒に仕事をしていた先輩が急にいなくなることがあり、その分、私の業務が膨れ上がりました。連日、会社を去るのが午前様になったのです。

そのときは、ああ、どうしよう、大丈夫かな?と思ったのですが、対応に奔走し、懸命に取り組んだら、なんとか処理をすることができたのでした。

ここで大事なのは、逃げないことではないかと思います。大変だからといって物事から逃げることを繰り返していると、壁にぶち当たるたびに踵を返して道を戻ることになり前に進めなくなります。そして、いつまでも逃げ続けなくてはならなくなります。それが人生を苦しくしてしまうのかもしれません。

逃げずにやり切って問題を解決すれば、つぎに同じような問題が起きても、なんとかできるという自信につながります。自分でやりきろうとせず誰かに解決してもらったり、逃げてバックレてしまったりしていると、いつまでたっても問題を解決していくための力も自信もつかないわけです。

全力を出してダメだったらダメでいいという気持ちで、ぶつかってみることが大事ではないでしょうか。ほんとうにこれはヤバいかもと思うようなことであっても、だいたいどうにかなってしまうのではないかと思うのです。

Pocket
LINEで送る