あなたが支払う缶チューハイ代と税金はいくらなのか

Pocket
LINEで送る


缶チューハイにはいくら払っているのか、お酒の税金をいくら払っているのか調べてみます。私もときおり飲む缶チューハイを取り上げます。

缶チューハイ代と税金を計算してみた

お酒代はいくらかかっているのか

あなたが毎日お酒を飲むひとだとしましょう。

1日で缶チューハイ350ml缶を2本飲むとして、1本150円×2本で300円です。毎日飲めば300円×365日で、109,050円です。年間のお酒代は10万円を越えてしまうのですね。

2日に1回程度飲むひとでも、半分の5万円を越える支出です。

※ふつう、つまみ代もかかりますのでさらに高くなりはするでしょうが、お酒代だけで考えています。

税金はどうなる?

さて、お酒代109,050円のうち、税金はいくら払っているのでしょうか。

酒税はお酒の種類やアルコール度数によって決められています。お酒類の税金は、製造会社から出荷されるときに課せられ、お酒の価格の中に含まれますから、最終的にはそのお酒を購入する消費者が負担することになります。

缶チューハイ350mlは、ひと缶で一律28円の税金です(1リットルで80円とされています)。

毎日2本の缶チューハイを飲むとしたら、28円×2本×365日=20,440円

お酒代は109,050円

そのうち20,440円が税金

なのです。毎日缶チューハイを飲むことによって、お酒代もさることながら、これだけの税金を払っているのですね。

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。