都市ガスやプロパンガスは、なぜ臭いのか?

Pocket
LINEで送る


都市ガスやプロパンガスが臭いのは、ガスが漏れているときに、気が付けるようにするためです。もともとガスに臭いはないのですが、ガスが漏れてしまったときに爆破など起きないよう、すぐに気が付いて対応できるようにするため、あえて人工的に臭いをつけているのです。

これを付臭といいます。

1937年にアメリカで無臭のガス爆発事件があってから、ガス漏れを察知できる方法として付臭が広まっていったのです。

ニオイをつけるといって、良いにおいにしてしまうとダメなのです。「いい匂いだな~。なんだろう?」とのんきにやってしまうからです。鼻につく嫌な臭いだからこそ、「なんだこれは!」と察知することができるのですね。今となっては、ガスの臭いは定着しているので、臭いを嗅げば「これはガスの臭いだ」とわかります。

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。