物をよく無くしてしまうのを防ぐ方法

Pocket
LINEで送る


日常生活の中で、モノを無くしてしまうことはありませんか?私は、昔はモノを無くしたり、置いた場所がわからなくなって探し回ったりすることがしばしばありました。

物の数を減らす

モノが多いためにどこに何があるのか、よく把握できていないケースがあります。モノが多い場合、壊れてしまって使わないモノや、ストックとして置いてあるものなどは、捨てるようにします。

捨てるのはもったいないと思うものは、リサイクルショップに売ったり、あるいは誰かに譲るのもよいでしょう。

物の置場所を決める

モノを減らしたうえで、それぞれのモノの置場所を決めておけば、無くなる可能性はぐんと低くなります。

文房具はここ、本はここ、と場所を決めておけば、なにか探すときには、すぐに見つけやすいでしょう。漠然とモノが置かれている状態ですと、どこに何があるのかわからずに途方に暮れてしまいます。

確認するくせをつける

物が無くなる場合、自分が間違って捨ててしまったという失敗などもあるかもしれません。

しかし、自分以外の家族と同居している場合、家族がどこかにやってしまったという可能性もなきにしもあらずです。

なるべく無くして困るようなものを外出などで持ち出した場合は、早い段階でしまうくせをつけておくと、なくなる可能性は確実に減ります。

また、本当に大切なものは、他の家族が触れないような場所にしまうことをおすすめします。

自分が原因で物がなくなってしまうのは仕方がないと思っても、家族のせいで物がなくなってしまうと、その後の関係性も損なわれてしまう可能性があります。

また、それが家庭でならまだしも、仕事場であるなどすると、信用問題に関わることになるかもしれませんよね。

大事なモノを持つ

モノを無くしてしまうこと理由として、そのモノがあまり大切に思っていないのかもしれません。モノを無くしてしまったことがあるひとは考えてほしいのですが、それってひょっとして、無くなってもとくに困らなかったのではないですか?

それは、あまり必要なモノでも大切なモノでもなかったということになります。大切なモノだけを持ちましょう。

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。