職場のあの人を好きになったかもしれないサイン

Pocket
LINEで送る


職場の人を好きになってしまったことはありますか?いつも近くで仕事をしているからこそ、その人柄がわかるものです。

「あの人のこと好きになった」と気がつくのは、どのようなときでしょうか。いつも目で追ってしまうとか、一緒に仕事できるとウレシイと思ってしまうなど、自分の行動や心理に気がついたときでしょう。

その瞬間はいろいろあります。職場で、好きになってしまった人に対して、自分が無意識で行っている行動を紹介します。これを見て当てはまるものが多ければ、すでに恋が始っているのでしょう。

ふとあの人のことを考えている

会社に到着したとき、「もうあの人は来ているのかな?」「いつも何時に来ているのだろう?」

仕事の休憩中には、「あの人はいま休憩しているのかな?」「お昼はなに食べてるんだろう?」

会社を出るときには、「あの人は、まだ仕事しているのかな?」「帰るタイミングが一緒にならないかな?」

などと、ふと考えてしまうことはありますか?そして、その人のことだけとくにそう思うのであれば、その人を好きになっているのかもしれません。

その人が近くにいるとき、気になって見てしまう

その人が近くにいると、無意識的に視線を送ってしまいます。ついつい気になってしまうのです。他の人だったら近くを通っても見ることはないのに、その人のときだけ見てしまうのです。

その人が近くにくると姿勢を正すなど、見られ方を気にする

いつもは猫背であったり、イスに深く腰掛けながら仕事をしていても、その人が視界に入ってくると、急に姿勢を正してしまいます。だらしないところを見せたくないからです。急にやりだすと周りの人に、なんだ?と思われてしまうので、バレないように少しずつ姿勢を整えていったりします。

もし、そうであればその人が好きだからでしょう。他の人には姿勢の悪い姿を別に見られてもいいのに、好きな人だけにはだらしないところを見られたくないのです。

他の人に対応するときに比べて、表情がほんわかして口調は柔らかくなる

誰しもが気の合う人には気さくに明るい態度で接して、嫌いな人には冷たい態度で接しがちです。仕事の場であれば、それが表情や態度に出ないように努めているはずです。

でも、好きな人と話すときには、表情は明るくなり、ほんわかして、口調も柔らかくなってしまいます。自分でもぜんぜん違うかもと、わかるくらいです。隠すことができずに出てしまいます。

電話で連絡をとったり、直接話したりできないか考えてしまう

仕事の話であっても、その人と話できることがうれしく思います。なにか仕事の話題で話をできないかなと考えてしまいます。ほんとは話をしなくても、業務する上で問題ないのに、わざわざ話することをつくってしまいます。そして、その人が助かることを何かしてあげたくなります。

その人と会って話すとドキドキしてしまう

好きな人と話をするときには、やはりドキドキしてしまうものです。

これまでは、良い印象はもっていてもドキドキすることはなかった。でも、最近は話すときにドキドキするようになってしまったのであれば、恋が始まった合図なのでしょう。

その人が他の異性と話をしていると、嫉妬してしまう

他の異性が話かけようものなら、「ちょっと、話しないでくれよ」と思ってしまいます。まだ付き合っているわけでもないのに、です。

そこまでの感情はなくても、なんか引っかかる気持ち、もやもやする気持ちがあれば、きっと好きになりかけているのでしょう。

その人がとてもよく見える

恋をすると、見た目にしても、行動にしても、いい面ばかりを探して見るようになります。すると、他の人よりも、「すごくかわいい」とか、「すごくかっこいい」と思うようになるし、「こんないいことしていた」とその人のよい行いに注目するようになって、さらに素敵な人に見えてくるのでしょう。

他の人よりも、その人がとてもよく見えてしまいます。

近くにいるだけで幸せな気分になる

好きな人が近くにいるといつでも、同じ空間にいるといつでも、それだけでうれしくなってしまいます。心が温かくなって、とても心地よくなります。

二人だけで一緒に遊べないもんかなと考える

職場で、仕事の話をするだけの間柄から抜け出して、どこか2人だけで出かけて、話ができないかな、と思っているのであれば、もうその人が完全に好きなのでしょう。

 

あの人かわいいかも、あの人かっこいいかも、いいかもな、しっかりしてるな、と普段思ってはいるけど、べつに恋はしてないよと思っている方であっても、これらのサインを見てみてどうでしょう。きっと自分の中の恋心に気がつくのではないでしょうか。

 

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。