仕事を早くするには、必要のないこと、ムダなことをしない

Pocket
LINEで送る


必要のない仕事とはどういった仕事でしょうか。

普通、「必要のない」という言葉を使う時には、

  • 「○○するのに必要ない」
  • 「○○にとって必要ない」

といった使い方をします。

「○○するのに必要ない」の○○は物事が入ります。「○○にとって必要ない」の○○には人が入りそうです。

では、会社の中で必要ない事はなにかというと、

  • 「『利益を上げる』のに必要ない事」
  • 「『お客さんや会社』にとって必要ない事」

ですね。

営業でなくて事務系の仕事でも、どんな仕事でも、目的は会社の利益に貢献する事です。間接部門はコストセンターとは言われますが、間接的に利益に貢献する部門とも言えます。

  • 経理であれば、財務諸表をまとめて利益向上を目指す経営判断をサポートする
  • 人事であれば、従業員のやる気が出るような労働環境や人事制度をつくり、従業員がより良い仕事をして利益に貢献できるようにする
  • 営業事務であれば、営業が仕事に専念できるようにサポートする
  • 工場の工務であれば、工場内の作業を効率化できる治具をつくる

など、どの部署の仕事も最終的には会社の利益につながるはずです。どこをどう辿っても会社の利益につながらない事があるとしたら、それはやる必要の無いことです。

  • コツコツ入力作業をして使われないデータをまとめる
  • 誰も読まない社内向けの資料を作成する

こういった仕事は利益を生まない仕事です。会社の利益につながらないのでないかと思われる仕事は、排除したいものです。

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。