暇な時間にヨガを始めた結果、新しい目標ができました

Pocket
LINEで送る


旦那とマンションで生活をしている31歳の専業主婦の私は、結婚する直前に退社をしました。夫の収入が十分にあったことが理由になり、退社する決意をしたのです。結婚した当初からずっと専業主婦です。

暇を持て余し始めてた

仕事をしている時には、残業に時間を費やしたり、仕事関連の飲み会に行くことがよくありました。その時には、生活がとても充実しており、忙しい時間の方がとても多かったのです。忙しすぎてストレスを感じていることもしばしばありました。結婚して専業主婦になった時には、これからリラックスしてゆっくり過ごせるな…と夢見ていたのです。

しかし、実際に専業主婦になってみると、考え方が変わりました。料理や選択をすることだけに価値を見いだすことができなかったのです。毎日の単調な作業がとても退屈に感じてしまったのです。これ以上単調な生活だけを続けていると、退屈で仕方がないと思うようになり始めました。

ジムに通い始めてみた

主婦業が退屈担っていた時に、自宅でお菓子を食べながら寝そべってテレビを見る時間が増えました。その時に、かなり太ってしまったのです。体重を減らすために、ジムに通って見ることにしました。ジムに通った経験はなかったので、初日は少し緊張してしまいましたが、自宅にこもりっきりになっているよりも楽しさを感じたので、続けていくことができました。あまり運動は得意ではなかったのですが、ジムのインストラクターに運動の仕方を教えてもらいながら、体をたくさん動かすことにしていました

ヨガが好きであることを発見

運動は苦手であると感じていたのですが、実際にいろいろな運動をして体を動かしてみると、ヨガ運動がとても好きである自分に気づいたのです。ヨガをしていると、体も心もすっきりとするようになりました。

ヨガを始めたばかりの頃は、体が全く柔軟ではなかったのですが、先生に教えてもらいながら体を動かしていると、少しずつ体が柔軟になり始めました。先生の教え方もすごく上手だったので、ヨガのレッスンがとても好きになりました。平凡な生活の中で好きなことを見つけることができたので、生活が生き生きとするようになり始めたのです。

ヨガインストラクターになることが夢

気楽な気持ちで始めた運動だったのですが、今ではヨガで体を動かすことに楽しみを感じています。ヨガをすることの楽しみを友人に伝えているうちに、ヨガの魅力について語ることが増えました。その時に友人たちがかなり興味を持ってくれているので、いつかヨガのインストラクターとして働きたいと思うようになったのです。

しかし、今はまだインストラクターとして働くための技術が十分ではありません。もっと技術を磨いてヨガの魅力をたくさん伝えられるようになりたいと感じたので、これからもしっかりとヨガについて学びたいと思っています。ヨガの理論も勉強したいと思っているので、たくさんヨガに関する書物も手に入れて読み始めていくつもりです。

いつかヨガの教室を開いて、ヨガの先生として活躍することを夢見ています。その夢を叶えるために、今は楽しみながらしっかりとヨガを学んでいきたいと考えています。不可能なことに挑戦しているのかも…と感じることもあるのですが、専業主婦として自宅にこもっているよりも、やりがいをとても感じていて、思い切って一歩を踏み出して良かったです。

夢が必ず叶うという保証はないのですが、それでも前に突き進んでいきたいと思っているので、コツコツと自分のペースで頑張っていきたいと思っています。夢に向かって今後もずっと努力をしていくつもりです。




 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。