ニューヨークチーズケーキとは?その名前の由来とベイクドチーズケーキとの違い

Pocket
LINEで送る


チーズケーキの種類のひとつに、「ニューヨークチーズケーキ」があります。

ニューヨークチーズケーキとは?

クリームチーズやサワークリームの使用量が多く、湯煎で焼くので中はしっとり、濃厚でクリーミー。ずっしりとした味のチーズケーキです。

砕いたビスケットをつかったクラスト生地が土台となります。

チーズケーキの種類として、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、ベイクドチーズなどがあります。

ニューヨークチーズケーキという名前の由来

ニューヨークチーズケーキは、ニューヨークに移り住んだユダヤ人が広めたケーキで、もともとはユダヤ人が好んで食べていたケーキでした。

ニューヨークで広まったことが、この名前の由来です。

参考:レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、ベイクドチーズの違い

ベイクドチーズケーキとの違いは何か

ベイクドチーズケーキに分類されていて、そのなかの一つとして、ニューヨークチーズケーキがあると考えていいかと思います。

ベイクドチーズのなかでも、

  • クリームチーズやサワークリームの使用量が多くつかう
  • 底にクラスト生地が敷かれていて、
  • 小麦粉をほとんど使わず、湯煎焼きで、
  • 濃厚でクリーミー。ずっしりとした味わい

こういった特徴があるものは、ニューヨークチーズケーキと呼ばれるでしょう。

 
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。